入社のきっかけ

■ Y.S.
■入社年月日:2017/7/1 
■システム開発部 上級主任

先輩の声:若手

学生時代は理系で、大学で学んだプログラムが活かせればいいなということで、新卒の就職時は他のIT企業に入社しました。日本ディクスには前職の同僚が入社したことがきっかけで、10年ほど勤務した前職から転職し入社しました。
業務の内容はシステムの保守・運用・開発を行っていますが、前職では会計システムに関わる部分をメインに行っていたので、日本ディクスで経費精算システムへの取り扱うというお話をいただいて、会計システムで培ってきたものが活かせるのではないかということで入社しました。
 
採用面接のときの社長と話をした時の印象は勢いのある感じで、今後の成長が望める会社ではないかと感じました。
現在は経費精算システムに加えて、他の案件もあり、請負での社内開発、お客様先へ半常駐という形で週のうち何日か行くという業務対応しています。

中堅社員としてのやりがいと成長

先輩の声:若手

常駐している先のチームのリーダー的な立場で前職の経験を活かして現場で業務に当たることやってきましたが、今後の業務の志向は、技術方面に進む方向もあるのですが、チームのスケジュール管理やお客様の要望をまとめたりするPM (プロジェクトマネージャー)といった、業務においてのマネジメントの推進に取り組んでいきたいと思っています。もちろん、組織の中で、「管理職」としてのマネジメントにも意欲を持っています。

この会社に入って良かったなと思うのは、とても社員同士が仲が良くて、上司も気さくに話をしてくるところです。サークル、部活動(テニス部)とかも多いので、入社後もすぐに誘っていただいたことで、コミュニケーションの輪が広がったことがあり、階層を問わず、上層部や横とのつながりがあることを実感しています。

今後入社してくる方に

先輩の声:若手

私も技術の絶対的な自信とよりというよりも、コミュニケーション能力を活かし、実務を通して学んできた部分が多いので、今後、入社して来る方も、「コミュニケーションができる人」「話せる人」というのが自分の能力を伸ばしていけると思います。

活躍する先輩達トップへ